TOP 情報・通信 情報・通信 富士通コミュニケーションサービス株式会社

社員が健康で明るく・いきいきと、能力を発揮することが会社の強みとなり、お客様と社会への貢献の基盤になる!

富士通コミュニケーションサービス株式会社
業種
情報・通信
勤務地
東京/神奈川/新潟/仙台/愛媛/福岡/大阪
  • ストレス対策
  • メタボリックシンドローム対策
  • メンタルヘルス対策
  • 生活習慣病予防
  • 禁煙推進
  • 過重労働対策

健康経営理念

富士通コミュニケーションサービス(以下、CSL)は、「企業と顧客を人とICTのチカラでつなぐ」というコーポレートメッセージを掲げ、社員一人ひとりが健康で、明るく、いきいきと、自身の能力を発揮することこそが会社の強みとなり、お客様と社会への貢献の基盤になると考えています。
当社は社員の「健康」を重要な経営課題の1つとして位置づけ、「富士通グループ健康宣言」のもと「CSL 健康経営宣言」を制定しています。

当社の社員はもちろん、社員を支えるご家族、そしてともに働かれる関係者皆さまが、心身ともに健康でいきいきと働くことができる、そんな職場づくりを通じて、一人ひとりが生きがいをもち、個人としても組織としても成長していくことのできる、笑顔あふれる企業を目指し、次の3つに取り組んでまいります。

1、健康意識の向上
全社員を対象に社員一人ひとりが健康意識を醸成・向上できるよう、会社は情報、教育機会の提供を行い、快適な就労環境を実現します。

2、健康行動、治療行動への支援
健康度を高める取り組みを行う、不調を感じた際に速やかに受診するなど、社員の自主・自律的な健康行動、治療行動を奨励し、支援します。

3、治療・障がいと就労の両立支援
慢性疾患や障がいを抱えながら働く社員、怪我や病気治療の過程で一定期間配慮を要する社員に対し、個別事情を加味しながら合理的配慮を行います。

評価

健康経営評価
すこやかプラチナ

健康経営度

ビギナー企業 マスター企業

改善スピード

ゆっくり 早い
取組評価
健康経営指標

健康経営優良法人取得状況

特徴的な取り組み

健康を学ぶ機会を多分に設けてあり、執行部のみならず全社員にその姿勢が行き渡っている。

健康である事とは具体的にどう言う事なのか?入社初日から研修を行うなど、学ぶ機会が多分に設けられている。ユニークなのは社内ラジオで健康情報を共有している点。毎週火曜日社内向けに放送している。社長自らが出演した回もあり、社員に向けてメッセージをわかりやすく伝えるなど施策には事欠かない。また、健康を学ぶラウンジが本社にはあり、社員が集い語らう場所には所狭しと健康に関する情報が掲載されている。健康で過ごすために、健康を学ぶという意識が根付いている。

「横浜健康経営認証」制度では最高評価のクラスAAAの認証をされた。

社内に保健師が常駐しているので、気軽に健康相談を行える環境が整っている。

法令遵守というよりも身近な存在として必要不可欠な存在として、保健師を雇用しており健康相談が気軽に行える環境を整えている。また、日々変化するコロナ情報にも敏感で、どのような対策を打ち出すべきかなど、いち早く施策できるのも「心理的安全性」を重要視している表れと言えよう。情報には常に敏感でいることにより社員へのストレスを大いに軽減している。これらも、社内に専門の保健師が常駐しているからこそできることである。

社内には健康相談室やマッサージ室が設置されている。

社内に運動スペースやマッサージを受けれる部屋を設けており、勤務時間であってもセルフケアができるように設備されている。

座った体勢で仕事をすることも多くなりがちな社員のために用意されたのが、運動スペースとマッサージルーム。ラウンジ横に設けられた運動設備は、ちょっとした時間を利用して身体を動かすにはもってこい。本格的なジム設備ではないものの休憩がてら身体を動かしリフレッシュするには十分な設備であり、ちょっと気分を切り替えたい時に活用されている。また、まるでお店のような本格的なマッサージルームがあり、リラックスできる空間がそこにはある。ゆったりとしたBGMに加えほのかにかおるアロマも心身をリラックスさせるためには欠かせない。本格的な手技マッサージがワンコイン以下で受けられると人気で常に予約が入っている社内施設である。勤務時間であっても遠慮なくセルフケアができるように配慮されている。

ラウンジ横に設けられた運動スペース。

経営者の声

富士通コミュニケーションサービス株式会社

代表取締役社長 山本 享史

御社は「健康経営優良法人2021」大規模法人部門において「ホワイト500」に認定されました。自社のどのような取組みが評価を受けたものだと考えますか。
富士通コミュニケーションサービスは「企業と顧客を人とICTのチカラでつなぐ」というコーポレートメッセージのもと、「コンタクトセンター」および「ITサポート」のアウトソーシングサービスを提供しております。お客様と直接やりとりをし、様々なご案内やお問合せ対応、課題解決を行うビジネスですから、社員一人ひとりの心身の健康が仕事のパフォーマンスに大きな影響をもたらすと言っても過言ではありません。

社員はもちろんのこと、ご家族を含めた当社に関係するすべての方が、心身ともに健康でイキイキと日々を過ごしてほしいという想いもあり、設立から今日まで健康をテーマとした様々な制度や設備の整備、および社員の啓発、支援を進めてきました。このような方針と取組みが評価されたものと受け止めています。

健康経営に関連して、御社は2019年に「CSL健康経営宣言」(※)を制定されました。こちらについて詳しくお話しいただけますか。
社会において近年、健康経営に関する興味・関心が高まり、その重要性がいっそう強く認識されていることを受け、健康経営に関する当社の考えと取組みを明確にすべく「CSL健康経営宣言」を制定いたしました。

健康経営に向けた主な取組みとして「健康意識の向上」「健康行動、治療行動への支援」「治療・障がいと就労の両立支援」の3つを掲げ、
また重点施策として「生活習慣病予防対策」「メンタル不調の予防対策」「座りっぱなし対策(肩こり、腰痛など)」「受動喫煙対策」の4つを掲げて具体的な取組みを行っています。

たとえばメンタル不調の予防対策として入社初日からセルフケア研修を行い、問診と合わせて保健師による指導を行っています。また、着席でのコールセンター業務に携わる社員が多いことから、座りっぱなし対策に力を入れている点も特長です。社内にマッサージルームやトレーニングスペース、健康に関する各種情報を得られるラウンジなども整備しています。※CSL=富士通コミュニケーションサービス

コロナ禍によって社員の就業環境も変わったかと思います。感染予防対策など御社の新たな取組みについて教えていただけますか。
コールセンター業務とお聞きになると、在宅などでのリモートワーク導入が難しいのではないかと思われることが多いかと思います。しかし、お客様や社員の健康を第一に考え、あらゆる工夫を重ねながらリモートワークを推進してきました。通常時や緊急事態宣言時など時期によって多少異なるものの、概ね3割のリモートワーク率を実現できており、出社しないワークスタイルがすでに浸透しています。チャットボットなどの新しいツールを使ったお客様にシフトした部門などでは、逆に喜ばれるケースも多く、新たな発見がありました。今後も引続き最適なワークスタイルを模索し推進します。

社員が心身の健康を保ち、高いパフォーマンスを維持しながら仕事のやりがいを実感するためには、職場のコミュニケーションが非常に大事であると改めて痛感します。社員同士が対面での交流を図るのは今なかなか難しいですが、オンラインツールや社内SNSを利用して情報交換や連絡、声がけをしたり、社内ラジオ放送をしたりするなどアイデアを結集して様々な取組みを行っています。

すこやかBANKから見た魅力

社長が率先して健康経営の指揮をし健康経営を実践している企業。大企業であるが、例外なく一人一人にその方針が行き渡るように健康経営が実践および周知されている。
スタッフには長く就労していただきたいという想いが、スタッフに寄り添う施策一つ一つに表れている。
心身共に健康を目指し維持できる環境の配備と、目標の設定から達成までのロードマップを戦略立てて実践しており、健康経営に努力を惜しまないホワイト500認定企業です!

運営からの評価

健康経営理念
職場特性にマッチした健康経営理念を3つ掲げそれらを社内外に周知し、実践している。周知方法も社内報やポスター研修時のレクチャーなど一人一人が意識高く実践できるように工夫している。
ストレス対策
「心理的安全性」を心がけて言い続けている意識の作り方は素晴らしい。また、社内に運動設備、健康に関する情報を受け取れるラウンジ、そしてマッサージルームがあり、プロのマッサージを就業時間中にも施術を受けることができるなど、ストレス対策に対して細かな配慮をなされている。
過重労働対策
長く就労してほしいという点、そして心身共に健康でないとクオリティが低下し業績にも影響してしまうという点から、過重労働に対しては厳格に徹底している。
疾病・生活習慣病対策
期限内における健康診断の受診徹底、入社当日にセルフケアの研修、血圧測定、問診、などを行い、社内に保健師を常駐させることによって細かなケアを個別にもできるようにしているなど、細かく配慮している。
ハラスメント対策
年一回マネジャーに対してハラスメント対策の研修を実施。また、チームでの業務が多い職場でもあるがゆえ、意見などを言いやすい環境づくりを心がけている。それぞれの呼び方も〇〇さんと呼び、対社長に対しても〇〇さんと呼ぶなど壁を作らないように努力し、人間関係においても弊害を作らないような風土作りをしている。
女性への健康対策
そもそも女性比率が60%と高く、自然と女性への健康増進に対して様々な配慮、施策を行い取り組んでいる。

具体的な取り組みについて

ストレスチェックの実施状況について教えて下さい。
従業員数50名以上の事業所はもちろん、50名未満の事業所でも実施しています。
定期健康診断の受診率を教えて下さい。
実施率は100%です。
従業員に対し、がん検診等、任意検診の受診を促す取り組み又は制度はありますか?
以下の内容の取り組みを実施しています。
・メールや文書等でのがん検診等、任意検診の受診勧奨
・イントラネット、掲示板、朝礼・安全衛生委員会等でのがん検診等、任意検診の受診勧奨
・がん検診等、任意検診の費用補助
・定期健康診断に種々の検診をオプションとして付加できる医療機関と契約
ハラスメント対策に関する取組内容について教えて下さい。
以下の内容の取り組みを実施しています。
・従業員に対して定期的研修を実施している。
・パワーハラスメントの禁止等、ルールを明文化している。
・ポスターの掲示など周知活動を実施している。
管理職や従業員に対し、健康をテーマとした従業員研修を実施していたり、 外部機関主催の研修等に参加させていたりしますか。
以下の内容の研修等を実施しています。
・ヘルスリテラシーの向上
・職場の活性化
・保健指導の実施
・感染症予防対策
・メンタルヘルス対策
・腰痛・肩こり
・病気の治療と仕事の両立支援
・健康増進・生活習慣病予防対策(食事・運動等)
・受動喫煙対策
・女性の健康増進

上記テーマを管理職・従業員に対して研修を実施しております。
仕事と家庭生活の両立に向けた環境づくりのための取り組みはありますか。
以下の内容の取り組みを実施しています。
・PCのログイン記録など、入退社時刻を正確に記録するシステムの導入
・定時消灯日・退出日(ノー残業デー等)の設定等
・業務繁閑に応じた休業日や所定労働時間の設定
・フレックスタイム制度または時差出勤制度
・法定を超える育児や介護のため等の短時間勤務
・任意のタイミングで取得できる有給の特別休暇制度(お盆・年末年始休暇、慶弔休暇は除く)
・長時間労働をしている部署の上司や部署に対するタイムリーな指導やフォロー
・時間外労働時間の削減を管理職の評価項目に設定
・個々の従業員のワークライフバランス実現のため、働き方の希望に合わせた適切な配置の検討
病気の治療と仕事の両立の促進に向けた取り組みはありますか?
以下の内容の取り組みを実施しています。
・傷病をかかえる従業員及び配慮や支援を行う管理職及び周囲の同僚の相談窓口の設置および周知(社内窓口・保険の付帯サービス等)
・勤務時間・作業内容・通勤方法等の就業上必要な対応の策定
・本人の状況を踏まえた働き方(配置転換・勤務内容・勤務時間・時差出勤・勤務地(在宅勤務))の策定
・入院治療のために、年次有給休暇とは別に傷病休暇・病気休暇を取得できる制度
・病気の治療と仕事の両立に向けた産業医や保健士等、医療職との面談の実施
・復帰する部門の上司に対する、両立支援への理解を促すための教育、定期面談等
従業員の食生活の改善に向けた普及啓発等の継続的な取り組みはありますか。
以下の内容の取り組みを実施しています。
・健康に配慮した仕出し弁当の利用促進や社員食堂における健康メニューの提供のための取り組み
 (健康に配慮した食事をメニューに取り入れる取り組み)
・自動販売機等における健康に配慮した飲料提供のための取り組み
 (健康に配慮した飲料の取り揃えを増やす施策)
・社員食堂のメニューや自動販売機の各飲料におけるカロリー情報・栄養素の表示による健康に配慮した飲食の摂取を促進させる働きかけ
・定期的な栄養セミナーの開催等の、継続的な食生活改善に向けた社内外のイベントの実施
・腹八分目運動、野菜摂取週間など、定期的・継続的な食生活改善に向けた取り組み
女性特有の健康課題に対応する環境の整備や、従業員が女性特有の健康課題に関する知識を  得るための継続的な取り組みはありますか。
以下の内容の取り組みを実施しています。
・婦人科健診・検診の受診勧奨・受診しやすい環境整備
 (例:婦人科健診・検診への金銭補助、婦人科健診・検診の受診に対する休暇または就業時間認定の設定など)
・妊娠中の従業員に対する業務上の配慮(健診時間の確保、休憩時間の確保、通勤負担の緩和等)の社内規定への明文化と周知
・従業員や保健師等による女性の健康専門の相談窓口の設置等、対応可能な体制構築
・女性の健康づくりを推進する部署やプロジェクトチームの設置
・妊婦健診など母性健康管理のためのサポートの周知徹底
・更年期症状や更年期障害への支援(通院への休暇取得など)
・女性の健康セミナーの実施
新型コロナウイルス感染症予防のため、臨時・緊急で行ったものをお答えください。
以下の内容の取り組みを実施しています。
・通常時と異なるシフト体制などを適用し、従業員間の接触機会を低減
・時差出勤やフレックスタイムによるオフピーク通勤を推奨し、通勤における感染リスクを低減
・健康状態の確認と報告(検温など)
・アルコール消毒液などを常設し正しい利用方法を周知
・席の間隔を空ける・パーテーションを設けるなどの空間の工夫
・手すりやフリーアドレスの机など、多くの人が触れる場所の消毒
・食堂や休憩室の座席の変更(・削減)やアクリル板の設置
・オフィスや休憩室等の換気状態の確認と改善
・感染症予防策に関する情報提供
従業員の喫煙率を下げるための取り組みを行っていますか。
以下の内容の取り組みを実施しています。
・たばこの健康影響についての教育・研修
・喫煙率を下げることを目的とした継続的な保健指導の実施
・禁煙外来治療費の補助
・就業時間中禁煙の社内制度化

今後の課題と現状

課 題

【生活習慣病予防対策】BMI値が高い社員に血圧高値、高脂血症有所見、肝機能障害が多いため、BMI値の適正化を目指す。

達成期限2026/03/31まで

BMI 27.0%
BMI 32.6%
定期健診受診率100%継続、二次健診受診勧奨の強化、健康管理研修の実施、食生活改善目的のアンケートと資料配布、各拠点食生活改善施策の実施、エアロバイクなどのミニジムの設置の継続
課 題

座りっぱなし対策 (肩こり、腰痛等)業務特性上座りっぱなしの社員が多く、肩こり、腰痛につながり、パフォーマンスに影響するため

達成期限2026/03/31まで

56%
65.5%
CSLストレッチや健美姿について安全衛生員会、健康管理研修で周知継続する
課 題

受動喫煙対策喫煙による健康障害と労働損失

達成期限2026/03/31まで

17%
21.4%
10月の就業時間内禁煙に向けて段階的に実施。

この企業の求人情報

中途採用

新卒採用

企業情報

会社名
富士通コミュニケーションサービス株式会社
所在地
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-5 横浜アイマークプレイス
代表者
山本 享史
事業内容
「コンタクトセンター」および「ITサポート」のアウトソーシングサービス

◇コーポレートサービス
~業務効率を向上することにより、従業員の負荷を軽減。環境構築とエンゲージメントの醸成を支援し、安定した業務継続を実現します~
・ヘルプデスクサポート
・ICT運用サポート
・ビジネスプロセスサポート
・フィールドサポート

◇顧客コンタクトサービス
~顧客の期待を超える体験を提供することにより、価値向上とロイヤルティ醸成を支援。顧客と永続的な関係性の構築し、企業のビジネス拡大を実現します~
・テクニカルサポート
・カスタマーサポート
・セールスサポート
・バックオフィスサポート

◇CXコンセプト
~コンサルティングからアナリティクスまでワンストップで提供します~